一橋シニアエグゼクティブプログラム(HSEP)は、一橋大学大学院経営管理研究科(旧・商学研究科)が、日本企業における経営人材の拡充を目的として、執行役員クラスのシニアエグゼクティブの方々を対象として、2002年度から実施してきた経営研修プログラムです。

HSEPでは、マネジメントに関わる幅広い知識や見方を学んだ上で、企業経営の舵取りを担う立場から、経営者としてのあり方を深く考えていきます。また、次世代の経営を担う方々が、プログラム終了後も含めて、企業の枠を越えて交流を深める場となることも期待しています。
これまで総数300人を越える方々がHSEPを修了しており、参加企業において経営の中核を担う立場で活躍されています。

なお、HSEPにご参加いただく場合には、企業単位でコンソーシアムにご加入いただいております。コンソーシアムへのご加入にあたっては、会員企業として複数年度にわたりご参加いただくなど、一定の要件がございます。詳細につきましては、HICKS事務局までお問い合わせ下さい。

基本プロセス

経営者研究 5ヶ月間を通した個人プロジェクト。各自が研究対象とする経営者を決め、その経営者の行ったマネジメントにおける重大な意思決定と彼/彼女の人生・器量を深く考察し、レポートを作成する。
ケーススタディ 実際に起こった事例(ケース)をもとに、そのトップの意思決定や戦略について、深く考察し、討議を行う。
経営者を招く 実際に意思決定を行った現役経営トップの生の話を聞き、深く討議する機会を持つ。
経営の総合判断 インタラクティブ・レクチャー:戦略、組織及びヒト、カネ、などの経営資源についてのレクチャー及びディスカッションを行う。

セッションのテーマと概要

第1セッション  <企業を見る目>

企業活動を大きな視点からどのように見るか。例えば、コーポレートガバナンスとは、どのように考えるべきか。

第2セッション  <戦略を見る目>

戦略的思考とは、何か。外交ゲームにより戦略的思考法を体得し、その思考法を実践に生かす術を学ぶ。

第3セッション <戦略と組織を見る目>

組織はいかに硬直化し、腐り行くか。事業のビジネス・モデルをどう設計するか。
参加各社の失敗事例をもとに討論を行い、原因や対策を考察する。

第4セッション <カネとヒトを見る目>

カネの動きはどのように測定しコントロールするか。人材を育てるための経営的視点とは何か。
企業経営をファイナンスの側面から、また組織や人材マネジメントに焦点をあてて考える。

第5セッション <経営の総合判断>

トップに立つことは、すべてを総合判断をすること。この最終セッションでは、「私の経営者研究」個人レポートをもとにして「経営の総合判断」と「経営者の器量」についての徹底討論を行う。

スケジュール

 Session 1  Session 2  Session 3  Session 4  Session 5
テーマ 企業を見る目 戦略を見る目 戦略と組織を見る目 カネとヒトを見る目 経営の総合判断
1日目
AM
開講式
基調講演
ディプロマシー 戦略失敗についての自社ケース発表と議論 コーポレート・ファイナンス 私の経営者研究⑤
PM 経営のあり方を学ぶ
2日目
AM
私の経営者研究①
企業は誰のものか
戦略思考レクチャー 戦略的失敗の振り返り 企業価値創造経営 経営者を招く③
PM 企業は誰のものか 価値創造の手段としてのM&A 私の経営者研究③
起業家を招く
私の経営者研究④ 経営とは
修了式
3日目
AM
私の経営者研究②
経営者を招く①
経営者を招く② 組織デザイン
PM Global Session マーケティングセッション 人材マネジメント

HSEPについてのお問い合せ先

一般社団法人一橋大学知識共創機構 事務局:info@hicks.or.jp

NECマネジメントパートナー HSEP事務局HP